ニーズが増えている家族葬とは

main-img

お葬式にもさまざまなスタイルが登場し、平成の時代に入ってからは家族葬というスタイルのニーズが増えてきました。


一般告知をせずに、家族や親族、ごく親しい友人を中心に行う葬儀のスタイルです。一般告知をしないので、参列者への気遣いに追われることがありません。

精神的、また体力的にも負担が軽くなり、親しい人だけで故人を囲みゆっくりとお別れする時間を持つことができます。

家族葬なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

また、一般の参列客がいないのでおもてなしをする必要がなく、受付や会葬返礼品を準備を行わずに済みます。

今すぐ使える日本経済新聞に関するお役立ちコンテンツ満載です。

しかし事前に周囲の理解を得ることが肝心で、はっきりと訃報で家族葬を行うので参列や香典は遠慮していただく旨を伝えないと、当日になって参加を希望してくる人が出てこないとも限りません。



そうなるとその場でお断りするわけにもいかず、返礼品や料理の手配対応に追われることがあります。


また、親戚等からも後になって呼ばれなかったことを非難される可能性もあるので、家族葬を検討する際には、そういった問題点にも注意が必要です。
家族葬の範囲の認識が人によって異なるため、そういった面倒が起こらないように、参列をお断りする場合はお知らせ文書の用意をしておくとよいでしょう。香典や供花・弔電を辞退したいという場合はその旨も記載すると先方にも親切です。

こういったスタイルのお葬式は、今後ますますニーズが高まってくるでしょう。

同じ家族葬といっても、さまざまなプランやスタイルがあります。
誰もがいつかは向かい合う問題なので、縁起が悪いなどと避けていないで、一度家族の中で話題のひとつとして検討してみるのも良いでしょう。

社会のコツ

subpage01

人間が亡くなった場合、残された人々と故人との最後のお別れの場として葬儀を執り行う事が一般的です。葬儀の種類にも色々なものがありますが、近頃は親族などの内輪のみで行う「家族葬」を選択する方が多いようです。...

more

ためになる情報

subpage02

お葬式の在り方に対する考え方が多様化している現代、人気の上がっている形式が家族葬です。家族葬とは、家族や近親者、本当に親しい友人のみが出席する小さなお葬式のことです。...

more

これからの社会

subpage03

大切な人だからこそ、その人生をしめくくる最後の葬儀は、できるだけ故人の希望を叶えてあげたいと考えるものです。遺言に書いてあったりもしくは故人が生前そのように家族に伝えていたりする場合、迷わず家族葬を選択される方もいると思います。...

more

皆が知りたい情報

subpage04

家族葬は、家族などの近親者だけで葬儀を行い、近親者以外は弔問客としての参列を拒否する葬式のことです。葬儀は近親者だけで葬儀場などで行い、その後、火葬します。...

more