家族葬の良さについて

subpage01

お葬式の在り方に対する考え方が多様化している現代、人気の上がっている形式が家族葬です。

家族葬の特徴についてをいくつか紹介しています。

家族葬とは、家族や近親者、本当に親しい友人のみが出席する小さなお葬式のことです。

この家族葬の良さは、シンプルでありながら温かみがあるお見送りが出来ることです。


故人に対する深い愛情とお別れの悲しさを共有できる人たちのみの空間は、安心してゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごせることで、気持ちの整理もつきやすいお葬式になります。
少子高齢化に伴って、職場を引退してから亡くなるまでに長い期間があることから、職場関係や会社関係の参列は減ることになっていることも内輪だけで執り行う家族葬を選ぶ人が増えた理由です。



また、お葬式の費用は高額になることが多いので、少しでも費用を抑えるためには小さなお葬式が適しています。


お葬式には儀式の進行や席順、喪主の挨拶や弔辞など決まったものが多いですが、家族葬はその辺を柔軟に考えられる良さもあります。

マイナビニュースの情報探しはこのサイトから初めてください。

しきたりやマナーにとらわれることなく、故人の好きだった音楽を流したり、故人の趣味だったものに囲まれた空間、アルバムを見ながら故人を偲んだり、故人との最後の時間をその家族ならではの形で過ごせることは、心穏やかに過ごせる時間になります。
参列者みんなで悲しみを分かち合い、全身全霊で見送ることができ、更に費用が安く済むということを兼ね揃えたこの小さなお葬式は、現代社会の中で今後益々注目を浴びていく形式になるはずです。