家族葬とはどのようなものか

subpage01

人間が亡くなった場合、残された人々と故人との最後のお別れの場として葬儀を執り行う事が一般的です。

葬儀の種類にも色々なものがありますが、近頃は親族などの内輪のみで行う「家族葬」を選択する方が多いようです。家族葬が選ばれるのにはきちんとした理由があります。

@niftyニュースの口コミ情報を参考にしよう。

現在が少子高齢化社会である事は周知の事実ですが、それに伴って、人がそれまで勤めていた会社を退職してから(あるいは仕事を引退してから)亡くなるまでの期間が長く、会社関係者が葬儀へ参列する事が少なくなってきています。



なので、家族や親族、近親者のみでの葬儀となる場合が非常に多いのです。
また、介護施設や高齢者施設へ入所をしている人々も年々増えており、その為施設内で亡くなってしまうケースも増えています。

施設内で亡くなった場合には訃報を通知する相手も少人数なので、自然な流れとして家族葬になる事も少なくはありません。
家族葬は基本的に身内や近親者だけで故人とお別れをする儀式なので、通常の葬儀と比較すると全体的に柔軟な雰囲気である場合が多いです。

かたく考えずに、故人との思い出を身内で話したり、故人の好きだった音楽を使用したりと、形式にとらわれずにあたたかい雰囲気の別れの場となります。
家族葬は非常にシンプルな形式ではありますが、故人らしさをより演出出来るというメリットもあります。



費用を比較的安くおさえる事も出来るのも人気の理由の一つです。


葬儀の場において大切なのは、豪華に飾る事ではなく、心から故人を偲ぶ事です。


お別れの場を家族の手であたたかい空間にしたいとお考えの場合は、この方式を視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか。