故人の希望でも家族葬には注意

subpage01

大切な人だからこそ、その人生をしめくくる最後の葬儀は、できるだけ故人の希望を叶えてあげたいと考えるものです。

遺言に書いてあったりもしくは故人が生前そのように家族に伝えていたりする場合、迷わず家族葬を選択される方もいると思います。


しかし家族葬には注意するべき点があります。

一度しかない葬儀だからこそ、後で問題とならぬよう、予めよく調べておくことが大切です。

家族葬をあげようと思ったとき、まず悩むのは親戚です。
亡くなったことを知らせるときに、何故私達は参列できないのかと言われる可能性は高いです。

livedoorニュース情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

相手も悲しみの中で言っていることですから無下に断ることが難しくなります。


かといって葬儀後に伝えたとしても、何故教えてくれなかったのかと問われることになります。


また故人の人間関係を全て把握している家族は少ないものです。


友人、勤め先の方、趣味の仲間など、葬儀に参列したいと想う人の数は、想像を遥かに超えているかもしれません。



その場合、葬儀後しばらく経ってから自宅に訪ねてこられる方があとをたたなくなることもあります。

さらに費用を抑えるために家族葬を選択される方も注意が必要です。


どこで行うか、何人であるか、宗教は何かによって追加料金がかかることもあり、予め詳細に確認しておくことが大切です。


想像よりも高くついてしまい、家族葬を行わなければ良かったということになりかねません。
故人もご家族も納得した葬儀を行いたいものです。

家族葬の情報もあります。